Why Japanese people use ‘敬語(けいご)’ ?

そもそも、日本人はなぜ敬語を使うのか。

Photo by Karolina Grabowska on Pexels.com

When you learn Japanese, you’re worried about how to use ‘敬語(けいご)’.

You off course understand that your speech with ‘敬語’ makes you look a polite person. When we Japanese talk using ‘敬語’, we’re want you feel that we think you’re precious people and we like you. ‘敬’ is same meaning of a word ‘look up to’, and ‘語’ means a word in English.

In the other sight of ‘敬語’, it keeps us away from arguments. We Japanese don’t want to argue with another, sometimes we’re feared the situation especially on business. The idiom ‘穏便(おんびん)にすます’ means such a way to avoid the arguments. In addition to it, ‘丸(まる)くおさめる’ and ‘波風(なみかぜ)をたてない’ are used often in same meanings.

日本語を学(まな)ぶ人が悩(なや)むのが、敬語の使(つか)い方ですよね。

敬語が丁寧(ていねい)な表現(ひょうげん)であることは、ご存(ぞん)じだと思(おも)います。私たち日本人は、敬語を使(つか)うことで相手(あいて)を大切(たいせつ)に好(この)ましく思っていると感(かん)じてほしいと思っているのです。

別(べつ)の観点(かんてん)で見(み)ると、敬語は言(い)い争(あらそ)いを避(さ)ける話(はな)し方です。私たち日本人は、言い争いを好みません、特(とく)にビジネスにおいては、言い争いを恐(おそ)れます。「穏便(おんびん)にすます」というのは、このような言い争いをさけることを表す慣用句(かんようく)です。他(ほか)にも「丸(まる)くおさめる」「波風(なみかぜ)をたてない」といった同様(どうよう)の表現(ひょうげん)があります。

Now you wonder why Japanese can make it solve without argument or discussion that they have the difference between them.

敬語の話(はなし)から少(すこ)しそれますが、では、互(たが)いの条件(じょうけん)を議論(ぎろん)しなければいけない際(さい)に、言い争わずにどうやって解決(かいけつ)するのか。

In Japan, we always guess what the others are thinking about and want to do. We’d like to suggest something that they want before they tell us directly. The idiom ‘気(き)が利(き)く’ describes like an above mentioned action. Who is good at ‘気(き)が利(き)く’ is appreciated on business here Japan.

そこで求(もと)められるのが、気(き)を利(き)かせることです。言(い)い換(か)えると、相手(あいて)のニーズを間接(かんせつ)的(てき)にさぐり、名言(めいげん)されていない意図(いと)を感(かん)じ取(と)り、こちらから提案(ていあん)するのです。このような行動(こうどう)にたけた人は「仕事(しごと)ができる人」「気が利く人」と、日本社会(しゃかい)では評価(ひょうか)されます。

If you brush your ‘敬語’ skill up, you’ll make your personnel evaluation higher. I introduce some ‘敬語’ to you at this site, I hope you’ll get used to them step by step.

あなた自身(じしん)の評価(ひょうか)を上(あ)げるために、このブログでも敬語表現(ひょうげん)を紹介(しょうかい)していますので、少しずつ習得(しゅうとく)しましょう!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。